mainimg

クレジットカードの審査が通らないケース

今いくらクレジットカードを持ちたくてもクレジットカード会社の審査に通らないといった話をよく聞きます。

中でもクレジットカードを持つことのできない理由で一番多いのが、決まった仕事に就いていなく安定した収入がないという場合です。

アルバイト生活の人や学生は特に収入が安定しないので、クレジットカード会社も発行するかどうかの審査もおのずと厳しくなっています。

比較的主婦や学生の場合は家族会員として申し込めば審査も通りやすいようですが、そうではない場合は注意したほうが良いでしょう。

比較的年会費がかからないクレジットカードは審査も甘く所有しやすいと言われているので、カードはそういったものに申請してみるというのも一つの方法です。

そして可能性が大きいのは、返済延滞や返済不能等のトラブルを過去にクレジットカードの利用で起こしている人は、ブラックリストにすでに載っているということです。

クレジットカードの申込み時には、過去の返済状況の確認は重要なポイントなので、くれぐれも支払いを滞納しないように気をつけましょう。

クレジットカード会社も、カードローン、キャッシングの支払い残高が多い人や破産経験のある人に対しては、発行するには慎重になってしまうのも仕方のないことです。

破産経験のある人は特に、ブラックリストから5年から7年は情報が消えないと言われているので、クレジットカードがその間は作成しにくいといいます。

意外にも審査に通らないことがあるのが、クレジットカードを所有したことがない場合です。

特にチェックされやすいのが、使用履歴がクレジットカードを持っているにもかかわらず一切ないような場合だそうですので気をつけましょう。

クレジットカード会社も問題ないと判断してくれる傾向にあるのが、ある程度クレジットカードを利用していて、返済も滞りなくきっちりとしている場合だそうです。

コメントは受け付けていません。

«

»

▲Pagetop