mainimg

HOME

クレジットカードの審査って?

誰でも必ず1枚は、成人し定職に就いていれば持っていると言われているのがクレジットカードです。

現金を持ち歩く必要がない点や使用金額に応じてポイントがたまるということもあり、クレジットカードを複数枚持っている人も多いようです。

外国では特にクレジットカードは生活の必需品としてだけに限らず、利用が本人の身分証明書としてもされることもあるそうです。

クレジットカードをかならず持っていったほうがいいのは、海外旅行に行くときです。

クレジットカードは旅行時にも便利で、活躍の場は商品の購入時だけではないのですが、必ず所有するため必要なのは、クレジットカード会社の事前の審査です。

ほとんどの人が、クレジットカードが一般的なものであれば問題なく審査に通り所有することが可能となっています。

クレジットカードの中でも収入や仕事内容などの審査条件が高い傾向にあるのが、ゴールドカードやプラチナカードと呼ばれるクレジットカードです。

クレジットカードの申し込みを、勤め先や給与によって断られるケースもけっこう多いといいます。

申込み時には、過去のクレジットカードの利用履歴や返済状況などもチェックされ、重要な審査のポイントになるといいます。

いわゆるブラックリストに載っていることも、支払いを滞納したことのある人や破産経験のある人には多く、ほとんど実際の申込み時に断られてしまうようです。

クレジットカードの審査に一度通らなかった場合、そのクレジットカードと同じ系列の会社に申込みをしても、しばらくは審査になかなか通らないと言われているようです。

クレジットカードを誰でも所有することが、社会人になり安定した収入があれば可能です。

返済できる範囲内で借り入れをして、審査に通る通らないで困惑する事にならないようにすることがもっとも大切なクレジットカードの利用方法ではないでしょうか。

クレジットカードの審査内容とは?

クレジットカードを新しく作りたいと思った場合、審査内容というのがクレジットカードの申し込み時にはいちばん気になるでしょう。

特に決まった仕事についていない人や過去にクレジットカードの支払いが滞った経験のある人は審査に通らないケースがよくあります。

クレジットカードの審査には通常、本人の住所や名前などの身分確認は当然ですが、過去のクレジットカードの履歴や勤め先や収入などが加味されるといいます。

特に勤務先の確認は実際に行われるケースも多く、クレジットカード会社から所属の確認として電話が入ることも少なくありません。

そして多くのクレジットカードはキャッシングやリボ払いができることもあり、その人の収入に応じて限度額が決まるとも言われているのです。

さらに今現在クレジットカードを何枚か所有していて、その借り入れ額や返済状況に問題が無いかどうかも審査の重要なポイントだそうです。

特にクレジットカードを初めて作成する場合注意が必要なのは、実績がない分審査も厳しくなるでしょう。

いわゆるクレジットカードによる事故といった、過去に支払いが滞ったりしたことのある人も、その情報はクレジットカード会社が利用する情報管理会社にすでに伝わっているそうです。

複数枚のクレジットカードに申込みをしても、クレジットカードの利用で問題が無い人なら所有することができるでしょう。

反対に、異なるクレジットカード会社に申込みをしても、情報管理会社の所有するトラブルデータによって、クレジットカードを所有できない可能性が、何かしらの問題を起こしたことがあれば高くなるといえます。

今や無くてはならないほど生活に密着しているサービスになりつつあるのが、クレジットカードです。

衝動買いや無理な借り入れは控えるようにし、クレジットカード会社から新しくクレジットカードを作成する場合に断られないように気をつけましょう。

クレジットカードの審査が通らないケース

今いくらクレジットカードを持ちたくてもクレジットカード会社の審査に通らないといった話をよく聞きます。

中でもクレジットカードを持つことのできない理由で一番多いのが、決まった仕事に就いていなく安定した収入がないという場合です。

アルバイト生活の人や学生は特に収入が安定しないので、クレジットカード会社も発行するかどうかの審査もおのずと厳しくなっています。

比較的主婦や学生の場合は家族会員として申し込めば審査も通りやすいようですが、そうではない場合は注意したほうが良いでしょう。

比較的年会費がかからないクレジットカードは審査も甘く所有しやすいと言われているので、カードはそういったものに申請してみるというのも一つの方法です。

そして可能性が大きいのは、返済延滞や返済不能等のトラブルを過去にクレジットカードの利用で起こしている人は、ブラックリストにすでに載っているということです。

クレジットカードの申込み時には、過去の返済状況の確認は重要なポイントなので、くれぐれも支払いを滞納しないように気をつけましょう。

クレジットカード会社も、カードローン、キャッシングの支払い残高が多い人や破産経験のある人に対しては、発行するには慎重になってしまうのも仕方のないことです。

破産経験のある人は特に、ブラックリストから5年から7年は情報が消えないと言われているので、クレジットカードがその間は作成しにくいといいます。

意外にも審査に通らないことがあるのが、クレジットカードを所有したことがない場合です。

特にチェックされやすいのが、使用履歴がクレジットカードを持っているにもかかわらず一切ないような場合だそうですので気をつけましょう。

クレジットカード会社も問題ないと判断してくれる傾向にあるのが、ある程度クレジットカードを利用していて、返済も滞りなくきっちりとしている場合だそうです。

▲Pagetop